働くアラフォーママのブログ

アラフォー母です。子供のこと、スキンケア・メイク、薬剤師の仕事のことを書いてます

PMS対策法!サプリメントや食事についてまとめ

 

月経前症候群(PMS)に悩まされている女性のために

PMS対策法をまとめてみました。

サプリメントや食事など、症状を改善する方法について

ご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

月経前症候群(PMS)について知ろう!

まず、月経前症候群(PMS)について知っておこう。

PMSとは、

『月経前、3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、

月経開始とともに軽快ないし消失するもの。』

と、定義されてます。(日本産科婦人科学会HPより)

 

つまり、月経の周期に合わせて、その症状が改善したり、

悪化したりを繰り返す症状のこと、となります。

PMSの症状は、細かく分けると200種類以上もある

言われていて、その症状も個人差があります。

 

月経前症候群(PMS)の症状には、どのようなものがあるのか?

というと、

精神神経症状として情緒不安定、イライラ、抑うつ、不安、眠気、

集中力の低下、睡眠障害など。

自律神経症状としてのぼせ、食欲不振・過食、めまい、倦怠感など。

身体的症状として腹痛、頭痛、腰痛、むくみ、お腹の張り、乳房の張りなど。

これらの症状はよく見られる症状の一部なので、

ほかにも様々な症状が見られるかも知れません。

先ほども書いたように、症状には個人差があるので。

 

zutu

 

 

月経前症候群(PMS)の原因は?

PMSの原因は、女性ホルモンが関係しています。

 

排卵のリズムがある女性の場合、排卵から月経までの期間(黄体期)に

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く

分泌されます。この黄体期の後半に卵胞ホルモンと黄体ホルモンが急激に低下し、

脳内のホルモンや神経伝達物質の異常を引き起こすことが、

月経前症候群の原因と考えられています。

 

2種類の女性ホルモン(エストロゲンと、プロゲステロン)は

生理周期に合わせて分泌が増えたり減ったりしているので

PMSの症状も、生理周期に合わせて出たり消失したりするんです。

 

ただ、脳内のホルモンや神経伝達物質はストレスなどの影響を受ける

ことが多いので、PMSの症状が出るのは必ずしも女性ホルモンの分泌

だけが原因ではないようですよ。

ストレスや食事内容、環境などいくつもの要因から起こるようです。

 

PMS対策や治療法は?

PMSを改善する対策法としてあげられるのは、以下のとおり。

①薬、②食事、③サプリメント、④生活習慣

 

では、ひとつずつ見て行きましょう(・∀・)

 

薬による治療

これは、病院(婦人科など)でPMSと判断された場合に

排卵を抑えるホルモン薬による治療を、行います。

 

排卵が起こることで女性ホルモンが変動するので、

ホルモン量の少ない低用量経口避妊薬(OC、低用量ピル)や

低用量エストロゲン・プロゲスチン配合剤(LEP)などの

ホルモン薬を使って、排卵を止める治療をします。

 

それ以外にも、精神症状や自律神経症状に対しては精神安定剤や抗うつ薬、

むくみには利尿薬、頭痛や腰痛には鎮痛剤、漢方薬なども用いられます。

 

それから、市販薬の「プレフェミン」もPMS治療薬ですね。

プレフェミンは要指導医薬品なので、購入する際には、

薬剤師に気になる症状がPMSのものかどうかを確認してもらう

必要があります。

そして、PMSと判断された場合のみ購入できるんです。

 

②食事

PMSの諸症状は、食事内容で緩和できます。

例えば、カフェインを控える、カルシウムやマグネシウムを摂る、

ホルモンバランスを整える食品を摂るなど。

 

カフェインには神経を興奮させる作用があるので、

コーヒーや紅茶、栄養ドリンクなどの摂取を控えましょう。

 

またカルシウムやマグネシウムには、PMSによる

イライラや情緒不安定を改善する効果があります。

それから、女性ホルモンのエストロゲンに似ている

植物性エストロゲン(イソフラボンなど)を摂るのも良いですよ。

あんかけ豆腐の写真

PMSによる頭痛や腰痛、むくみがひどいという人は、

塩分やアルコールの摂取を控えて、利尿作用のあるものを

食べるといいですね。

batu

 

③サプリメント

手軽に買えるサプリメントを上手に利用してPMSの

症状を和らげる方法も、対策法のひとつ。

 

PMSに効果があるサプリメントは、

チェストツリー(チェストベリー)、カルシウム、マグネシウム

が成分のものが良いです。

 

「①薬による治療」にも書いたように、市販薬のプレフェミンは

PMSを改善する薬で、主成分は「チェストベリー」です。

 

サプリメントでもチェストベリーを含むものが売られているので

「薬局で相談するのはちょっと・・・」という人や、

「サプリで手軽に試してみたい」という人は、サプリメントもアリですね。

>>チェストベリーを含むサプリメントを3つ挙げてみた

 

それから、大塚製薬の「エクエル」もPMSに有効だそうですよ!

エクエルというと、更年期障害対策って感じがしますけど、

大塚製薬さんの勉強会の時に「PMSにも効くみたいですよ」

っていう話をしてくれました。

 

実際どれくらい効果があるのかはわかりませんが、

試してみる価値はありそう。なんといっても製薬会社さんのですからね。

そこらのわからないサプリメント会社よりは、信頼できるかも?!

 

④生活習慣

PMSを悪化させる原因の一つに「ストレス」があります。

まずは、ストレスを作らないようにする方法や、

上手にストレスを緩和する方法を、自分で作ることが大事。

 

リラックスできる時間を持つ、好きなことをする時間を作る、

のように、気分転換をする方法を見つけてみましょう。

 

また、軽い運動をするのもPMS改善に良いとされています。

ヨガをしたり、天気が良い日には気分転換も兼ねて

ウォーキングに出かけるのも、良いかも知れませんね。

yoga

あと、タバコを吸う習慣がある人は禁煙しましょう。

喫煙すると血流が悪くなり、ホルモンのバランスが崩れます。

sozai_40652

それ以外にも、PMSダイアリーをつけるのも良いです。

自分の生理サイクルを知ることもできますし、

どの時期にPMSの症状がひどく出るのかをきちんと記録して

おくことで、仕事の予定を立てやすくなったり、

友達や家族との予定を組みやすくなるからです。

 

 

PMS対策のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今すぐにでも対策できることが見つかったと思います。

 

PMSは、男性にはわからない女性特有のもの。

PMSを知らない男性も多いと聞きますし、理解してもらえないと

苦しんでいる女性も、たくさんいらっしゃいます。

 

ちょっとした体調の変化だけで、憂鬱な日々を送ることに

なってしまうので、できる対策法が一つでもあれば、

ぜひ試してみてくださいね。

 

では、もう一度おさらいしましょう♪

 

PMS対策には、

①薬を使う(市販薬や婦人科に相談)

②食事(カフェイン、アルコール、塩分を控えてバランスよく)

③サプリメント(チェストベリーやカルシウム、エクオールが有効。)

④生活習慣(運動をする、ストレスをためない、禁煙)

 

ぜひ試してみてくださいね。

>>チェストベリーのサプリメントを3つ紹介

 

 

 

公開日:
最終更新日:2018/04/03

FFFTP