働くアラフォーママのブログ

アラフォー母です。子供のこと、スキンケア・メイク、薬剤師の仕事のことを書いてます

グレープフルーツのお酒と薬の話

      2019/06/13

グレープフルーツと薬の飲み合わせは注意が必要。

このことは、広く知られてきたんじゃないかなと思います。

 

先日、このような質問をされました。

仮に、Aさんとしましょう。

 

A「グレープフルーツジュースはほとんど飲まないんだ。

でも、グレープフルーツ風味のお酒なら飲むよ。

薬との飲み合わせって、どうなの?」

 

今回は、グレープフルーツ味のお酒と薬についてです。



 

今回のご質問は、血圧を下げる薬

今回、質問をされた方が飲んでいる薬は

カルシウム拮抗薬という種類の、血圧を下げる薬です。

 

カルシウム拮抗薬に分類される薬にも色々ありますが、

Aさんが飲まれているのは「コニール」というお薬。

 

グレープフルーツやグレープフルーツジュースと一緒に飲むと、

薬の代謝が阻害され、体内に薬が長くとどまってしまい、

頭痛やめまい、血圧低下、心拍数増加などの副作用が出やすくなります。

 

コニールは、グレープフルーツの影響を「強く」受けてしまう薬

の一つになっています。

 

普段、グレープフルーツジュースは飲まないというAさん。

しかし、グレープフルーツ味のお酒なら飲む、ということでした。

 

 

グレープフルーツ味のお酒

 

缶チューハイとかカクテルにはグレープフルーツ味の
ものが存在しますよね。

 

グレープフルーツジュースは、ほとんど飲まない人でも

もしかしたら、缶チューハイ等は飲むかも知れません。

 

そして、そういったお酒に入っている果汁を見てみると、

キャプチャ06113

「キリン 本搾りチューハイグレープフルーツ」

このチューハイは、果汁28% です。

 

 

キャプチャ06112

「アサヒ 贅沢搾りグレープフルーツ」

こちらは、果汁41% です。

 

キャプチャ06111

「富永貿易 素滴しぼりピンクグレープフルーツ」

こちらはなんと、果汁100% です。

 

 

意外と、果汁が多く入っている商品があるものですね。

こういった果汁でも、薬に影響を与えてしまうので

避けるようにしてください。

 

 

どのくらい時間をあけたらいいの?

Aさんも言っていました。

「2~3時間ずらせば、飲んでもいいんでしょ?」

 

同時に飲まなければ、時間をずらせば、

とりあえず飲んでも平気なんじゃないか?

と思われるのは当然かも知れませんね。

 

しかし、グレープフルーツによる酵素阻害の作用は、

「3~7日続く」という報告もあることから、

数時間ずらせばOKと言えるものではありません。

 

また、「ちょっとの量ならいいでしょ?」という

考えも起きるかも知れませんが、

グレープフルーツも、その産地や品種などによって

成分の配合がまちまちだそうですので、

ちょっとならいい、たくさんはダメということも言えません。

 

間違いないのは、

「絶対に摂取しないこと」なのです。

 

グレープフルーツ以外のフルーツはどうなのよ?

 

薬との飲み合わせに注意するものとして、よく出るのは

グレープフルーツなんですが、

他にも、グレープフルーツと同じように酵素を阻害する

果物があります。

 

・ダイダイ(サワーオレンジ)

・スウィーティー

・ブンタン

・メロゴールド

・はっさく

・サワーポメロ

 

などは、薬との相互作用が強く出てしまうため

摂取を控えるようにしてください。

 

ちなみに温州みかんやデコポンは、影響がほとんどないので

摂取しても問題ないようです。

いよかん、ぽんかん、きんかん、ネーブルオレンジ、レモンなどは

影響は少ないようですので、少量なら可とのこと。

 

 

 

柑橘類は、私もよく食べますし、美味しいですよね(´∀`)

ただ、薬を飲んでいる人の場合は、

薬の作用に影響を及ぼしてしまう場合がありますので、

心配な方は、かかりつけの医師・薬剤師にご相談ください。

 

以上、グレープフルーツとお酒のお話でした。

 

 

 - 薬に関するお役立ち情報 , , ,

FFFTP