働くアラフォーママのブログ

アラフォー母です。子供のこと、スキンケア・メイク、薬剤師の仕事のことを書いてます

子供の薬、錠剤は何歳から飲める?

      2019/05/27

子供に薬を飲ませるのって、本当に大変です。

粉薬にしてもシロップにしても。

 

薬剤師として、一般的な小児への指導ってのがあって、

「薬に少量の薬を混ぜてダンゴにして飲ませてみる」とか

「頬の内側に塗りつけて、その後水を飲ませる」とかね。

 

けどね、そんな一般論が通用しない子供もいるんです。

何をやってもダメでね・・・というお母様もいます。

 

と、話が逸れてしまったじゃないか(+_+)

 

 

違う違う、今日は「錠剤は何歳から飲めるのか?」って話。

薬の量としての話じゃなく、年齢の話をしますので、

良かったらこのまま読み続けてもらえたら嬉しいです。

 

 

中学生でも錠剤が飲めない子もいる事実

 

決して、その子や親御さんを批判しているわけではないので

そのあたりはご了承願いたいです。

 

実際に、中学生だけど錠剤が飲めなくて、粉薬で処方してもらう

という子もいらっしゃるんです。

 

何かの病気で嚥下困難なのかしら?と思ったんですけど、

全然そうではなく、健康な方でした。

 

親御さんは「うちの子は錠剤が全然ダメなんで粉でお願いした」

と話していらっしゃいました。

お子さんも、粉薬が当たり前、といった具合でしょうか。

 

この感覚がちょっと不思議だなぁと感じてしまったんです。

 

子供ってある程度大きくなると、

自分から「粉は嫌だ、粒飲めるもん!」と言い出したりします。

うちの子も、主人が薬を飲んでいるのを見て、

【大人の薬は粒】

という意識があったようでした。

 

つまり、成長するにつれて

自分は赤ちゃんじゃない、大人になるんだ!

という意識が芽生えたりするものではないかと思うんです。

 

だから、自分から薬は粉じゃいやだなどと言うのかな~と。

頑張って錠剤を飲んで、飲めたら自分も嬉しいでしょうから。

 

中学生になるまでずっと粉薬のままでいたあの子は、

もしかしたら身近な大人が薬を飲む機会がなかったのかな?

親が「もう錠剤を飲める歳だよ」と、声掛けをしなかったのかな?

粉がイイという子供の意見を尊重(?)して、ずっと来たのかな?

 

なんて、いろんなことを想像してしまったのです。

ただ、「中学生になっても粉薬じゃ恥ずかしい」という

気持ちは全くないのかな?という疑問も。

 

なんだか、モンモンといろいろ考えてしまった一日でした。

たぶん、中学生になっても錠剤はムリという人もいると思います。

 

別に、粉薬がダメと言ってるのではないのですよ(*^-^*)

ただ、体が大きくなるので薬の量(かさ)も増えます。

飲みにくくはないんだろうか??

という、単純にそんな疑問があるわけなのです。

本人はそれで慣れているから、問題はないのかなぁ。

 

 

ちなみにウチの子の場合は

 

上の子は、小学3年生くらいで錠剤が飲めるようになったかな。

下の子は、小学2年生(今現在)で頑張って飲んでいるところです。

 

「何歳から錠剤」という決まりはありません。

ただ、本人が飲めるかどうか、飲もうとする意志があるかどうか。

体重と薬の量を考えた時、錠剤での処方が可能なのか?

というあたりです。

 

錠剤の中でも、口腔内崩壊錠と言って唾液で溶けるタイプの

薬もありますので(薬の種類にもよりますが)

まず練習をするつもりで、そういう薬を処方してもらうのも

アリかも知れませんね(^^)

 

子供に薬を飲ませる苦労は、経験した人じゃないとわからないかも。

私ももちろん子供が薬を嫌がって困った時期がありました(;´Д`)

 

そういう経験を踏まえて、上手に服薬指導ができたらな~って思います。

お母さんは悪くないです(`・ω・´)

飲んでくれないからって、そのことで頭を抱えてしまったり、

悩んでしまうことがないように、とそれだけが心配です。

 

薬局にいらっしゃるママさんとお子さん。

ママさんに全く笑顔がなく無表情だったりすると、

子育てや薬のことで悩んでいるのかなぁ~・・・

なんて、こっそり心配してしまう自分がいたりします。

 

子供のこと、薬のこと。

少しでもラクになる方法を教えてあげられたら、と思いますが

なかなかそう簡単には行かないものですね・・・(´ω`)

もう、こんな感じでいつも仕事をしておりマス。

 

最後までご覧くださり、ありがとうございました☆

 

 

 - 薬剤師の日常やグチ , , ,

FFFTP