働くアラフォーママのブログ

アラフォー母です。子供のこと、スキンケア・メイク、薬剤師の仕事のことを書いてます

ちょっと待って!その日焼け止め

      2019/05/24

5月。紫外線が一気に降り注ぐ時期です。

UV対策が欠かせませんねぇ。

 

日焼け止めを使う、日傘をさす、帽子をかぶる、

サングラスをかける、アームカバーを使う・・・など。

日焼け防止のための策はいろいろありますが、

 

その日焼け止め、ちょっと待って!!

 

それ、本当に使って大丈夫?

 

2年ほど前に日焼け止めについての記事を書いたんですが、

その時のことを思い出してしまいました。

>>日焼け止めで失敗した話

 

 

どうしても残っちゃうの。去年のが。

今年もついつい残っていたやつを使いそうになってね( ;∀;)

あぶねー。

 

きっぱり捨てました。

そして、新しいのを買いました。

前に日焼け止めで失敗しているからね~、怖いよ。

 

鏡を見る女性

 

 

日焼け止めは開封したらワンシーズンで使え!

 

日焼け止めは、開封したらワンシーズンで使い切るべし。

 

ワンシーズンでは使い切れない!という場合もあると思います。

でも、一度開封してしまったらどんどん劣化していくので、

私の時のようにブツブツができたり皮膚トラブルの素になるのです。

 

もったいない~~~(≧◇≦)

 

と感じる気持ち、よくわかるのですが

(だから皮膚にぶつぶつができたんでしょーが)

毎年、新しいものを購入して使うようにした方がいいです。

 

 

SPFとPAについて

 

日焼け止めを買う際に気をつけてみる部分って、

SPFとPAだと思うんですけど、

つい、「SPF値の高いもの」ばかりに目が行ってしまうけど

【PA】にも、気をつけてて選びたいものです。

 

紫外線A波は、B波よりも皮膚の奥まで届いてしまい、

肌の弾力を失わせてしまう、やっかりもの。

つまり、皮膚のシワを増やしてしまう、ってことなのです(;´Д`)

 

そこで、PA(紫外線A波に対する防御効果)をチェック。

PA値が高いものほど紫外線A波の防御効果が高いので

皮膚へのダメージを防ぐことが期待できるんですね。

 

もちろん、シミの原因は紫外線B波の方なのでSPF値も

しっかり確認しておく必要はあります。

SPFと、PAと、両方を確認して購入する参考にしてみて下さい。

 

 

サングラスは目を守る!でもそれだけじゃない

 

サングラスをかけることは、目を紫外線から守ってくれます。

(UVカット効果のあるものに限りますが)

 

紫外線って、ほんと怖いんです。

将来、白内障になったり黄斑の病気になったり

ドライアイや眼精疲労を引き起こしたりと、

目のトラブルの原因として挙げられるものの一つなのですね。

 

で、サングラスはもちろん紫外線から目を守るんですけど、

それだけでははくて、

目から入って来る紫外線をカットすることで、

皮膚のメラニン産生を防ぐ効果もあるんだとか。

 

 

つまり、目から紫外線が入って来ると、

 

脳が

「紫外線だー!!危ない!

メラニンを増やせー!!」

ってなるらしいんです(・ω・)

 

そして、皮膚のメラニン産生を促してしまい、

結果的に皮膚が黒くなったりシミを増やしたり、

ということになるんだそうですよ。

 

あぁ、紫外線ってやっぱり怖いわぁ。

>>サングラスを最近お得に買いました

 

 

22-26-30-700_640

 

 

と、今回も長くなってしまいました(*´ω`)

日焼け止めを塗ろうと思った時、ちょっと待って!

その日焼け止めはいつ購入したものですか?

開封したのは去年じゃないですか?

 

残っていても、もったいないけど

新しいのを買いに行きましょ。

 

 

 

 - 虫刺されや皮膚のこと , ,

FFFTP